精神障害の障害年金は就労状況で判定がしやすい

スポンサーリンク




精神障害の受給権の可否を判定します。ご希望の方のみ回答ください。

https://goo.gl/forms/fEnUd3jw13Tr7ZVV2

—————————————————————

障害年金について、障害者と言ってもいろんな病状あり一人一人が違います。

特に精神障害者の場合は年金が受給できるかどうかを判定するのに、

判定できる病状と言いますか病名のみで判定が可能なものもあります。

うつ病、双極性障害(躁うつ病)、統合失調症、発達障害(広汎性発達障害 、adhd 、アスペルガー等)

です。まずこれらの病気は(もちろんそれ以外の病気もですが)、

初診日、初めて医療機関で診察を受けた日がいつですかと言うのがが大事です。

受診日を特定します。それから初診日の病院から次の病院と転院したことがあるかないか、

これらを記録をしといてください。それから次に大事な事は初診日の前日において保険料、

年金とか社会保険料の未納があるかどうかです。

初診日時点で加入していた年金制度が何であるのか、

国民年金のみとか厚生年金だとか共済年金とかまた初診日時点では二十歳未満であったとか。

また初診日時点の就労状況が必要になります。

無職であったか休職をしていたのか、就労しても正社員でありフルタイムであったのか、

パートであった短時間勤務等アルバイトであったかという状況です。

初診日から1年6ヶ月時点の就労状況等も必要になります。




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5577958333906173"
data-ad-slot="9774672166"
data-ad-format="auto">


1年6か月時点で無職であった休職していたか正社員だったのか

part であったかと言う録画が必要となります。

それから現在の就労状況等も同じ様にいかなる就労状況であったのか。

日常生活のことについて細々となりますので、

この辺のことについてはまた詳しく述べたいと思います。

がいずれにしてもこれらの病気ははっきりしています判定できますので

詳しいことはまたアンケート等でお尋ねして 受給申請の代理もいたしていますので

ご不明の点はお尋ねください。



年金機構様からお借りしています。

障害年金ガイド(平成28年度版)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 精神障害の障害年金は就労状況で判定がしやすい
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。