年金改革で10年以上あれば受給権を得ます

スポンサーリンク




今年は年金制度の改革がありましたそ。の一つに新たに年金を受け取れる方が増えますと言う事で

、年金額を増やすこともできます。年金権は普通は25年の納付期間が

必要ですがそれが10年に短縮されたわけです。

10年の納付期間があれば年金の受給権が発生すると言う事です。

また基礎年金は保険料を納めることが40年間、二十歳から60歳までです。

60歳からも保険料を納めることができ、過去5年以内に納め忘れた保険料はさか

のぼって納めることで年金額を増やすと言うことができるわけです。

詳しく言いますと資格期間が10年以上となれば年金を受け取れる様になりました。

これまでは必要な期間と言うのは25年ないと受給権は発生しませんでしたが

例えば資格期間15年の人は保険料納めた人でも年金はもらえ

なかったわけです。極端に言えば24年と11ヶ月では年金がもらえないと言う事が

起こったわけです。平成29年8月1日から10年に短縮される様になりました。

またこの資格期間と言うのは一つには国民年金の保険料を納めた

期間や免除された期2つめにはサラリーマンの期間、

3には年金制度に加入していなくても資格期間に加えることができる期間、

これをカラ期間と言います。詳しくはまたのべることにいたします。

これらの期間を全部を合算したものが資格期間です。資格期間が

10年(120ヶ月以上)あると年金を受けることができるのです。

また注意事項ですが年金の額は納付した期間に応じて決まります。

例えば40年間保険料を納付された方は満額を受け取ります。10年間の納付では受け取る年

金額は概ねその1/4になります。

詳しいことは例えば私は15年しか払ってないのでもらえないと諦めていた人は

早速年金事務所に行かれて自分の記録を調べて10年以上あればもらえるように

手続きをしてください。また10年以上なくてもこれから何年か前 分を収めることが

できますから足りない分を納めて年金受給権を得る様にしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 年金改革で10年以上あれば受給権を得ます
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。