オキシトニンの分泌される時

スポンサーリンク




人間は集団的に生活し、生きることを、

長い年月の中で脳に摺りこんできた。

 

なぜなら、群をなして生きていくことが有利であったからだ。

つまり利他行為をすることが個体としても生き延びられたと言う。

個人で生きることは生の維持が難しくなるから。

 

この利他行為によって脳内物質のオキシトシンが分泌されるという。

気分が良くてほっこりとするとき、子どもといて安心感や

なんとも心が温かい気分の時は

このオキシトシンが分泌されると。

何が言いたいか、人間は本来、他人に尽くしてこそ

生きてゆくことができるということに成る。

 

自分だけの利益を求めるときは、オキシトシンと反対の物質が分泌され

不幸の原因を作るという。

 

また、オキシトシンは認知、学習能力を高めると言われている。

要するに頭が良くなるわけだ。

 

ネットビジネスの世界には自分らの企画、提案が儲ければいいといった

世界が多い。

 

5%のスキルの高い連中が95%の低い階層から搾取するわけである。

騙されては行けない。

利他行為を明らかになしている人から

教えを請うべきである。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - オキシトニンの分泌される時
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。