葬儀屋に行ってみた。

スポンサーリンク




事前にお葬式の時なんぼいるのか相談に行った。

ここには、いわゆる互助会なる、毎月一定額かけた金額を納め、

積み立てているわけで、その分が30万になっている。

 

積立の30万円分で70万の葬儀費用を賄うという。

なんだかごまかされたみたいだが、まぁ会員であれば助かる部分もある。

 

しかしこれだけではない。プラスアルファが結構である。湯灌の儀が10万円

、しかし之は希望があればの話。

その他諸々ある。

お坊さん達に支払うのが馬鹿でかい場合がある。

 

ある宗派では「友人葬」と言って坊主は在家がするので費用は要らないという。

之は助かるわね。

 

釈迦の葬儀は在家がやったとの記録がある。

坊主がやるというのは、江戸時代の檀家制度で

住民を縛りお寺で戸籍を管理した。その際にお寺が50年間儲ける仕組みをつくったのである。

 

お金持ちはいくら浪費してもいいけれど、庶民の貧乏人は

ボウズ無しで家族葬が宜しいかと(笑) それでも100万は必要だろうと。

ネットビジネスで儲ける仕組みを本気でやろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 葬儀屋に行ってみた。
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。