あってはならないミス!

介護保険料、200億円不足

正直、またかと思って・・。

あってはならないことだけに、今後のことも十分に考えて対策をお願い

したいと思います。

以下抜粋

「厚生労働省は4日、40歳以上の会社員らが納める介護保険料を徴収する

外郭団体でミスがあり、2019年度に徴収すべき金額に対し200億円不足

する恐れがあると発表した。企業が運営する健康保険組合などに保険料

を算出してもらうために示した数値が誤っていた。厚労省は健保組合な

どに追加拠出を求めており、保険料の引き上げを迫られる可能性もある。

介護保険料の不足見込み額は企業が運営する健康保険組合で約150億円、

公務員が入る共済組合で約50億円。厚労行政で不祥事が相次いでおり、

厚労省は「誠に遺憾」としている。

介護保険は市町村が運営するが会社員が負担する介護保険料は健保組合

が徴収を代行している。

各健保組合が介護保険料の納付額を計算する際に、厚労省所管の「社会

保険診療報酬支払基金」が示す加入者1人あたりの負担額などの数値を活

用する。厚労省によると支払基金が算出した数値の一部に誤りがあった。

今回の誤りは各健保組合が19年度の保険料を含む計画策定を終えた後に

判明。健康保険組合連合会は対応に苦慮している。厚労省は予備費活用

や準備金取り崩しで納付するよう要望している。」

日本経済新聞朝刊 2019/04/05朝刊より抜粋

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - あってはならないミス!
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

スポンサーリンク