AI活用し介護計画作成

スポンサーリンク




厚生労働省は、介護保険サービス利用者のケアプランの作成に人工知能

(AI)を活用する「AIケアプラン」の導入に向け検討に入った。AIの

開発状況や活用事例について、8月にも全国調査を開始。要介護者の

重度化防止や業務負担軽減などの効果を検証し、課題を盛り込んだ報告書を

今年度中にまとめる。ケアプランは、要介護認定を受けた高齢者が介護保険

サービスを受けるために必要な計画で、主に介護支援専門員(ケアマネジャー)

が利用者の健康状態や生活状況を調べて作る。AI活用により作成の手間を省ける

上、積み重ねてきたデータに基づく適切なサービスが提供され、要介護度のが

改善が期待される。ただ、どの程度効果を発揮するかは未知数。どのような

データをAIに学習させるべきかなど、実用化に向けた課題も多い。そこで同省は

実態を調査して課題を洗い出す必要があると判断した。愛知県豊橋市は昨年、

企業と連携し全国に先駆けてAIケアプランを試験導入した。10万件に及ぶ市の

介護データをAIに学習させ、実際にプランを作って約70人にサービスを提供。

同市は「過去の実績を踏まえたプランにより自信を持って提供できた。

将来予測もできているため、大いに役に立った」と成果を口にした。

一方で、ケアマネジャーから「これまでの仕事のやり方が一変した」と戸惑いの

声が上がった。600人の利用者にサービスを提供し、検証結果をAIの開発や運用の

改善に反映させる。厚労省は自治体・企業による取り組みを把握し、AIケアプランの

導入に向けた方策を探る。

日本農業新聞 2018.4.30より

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - AI活用し介護計画作成
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

スポンサーリンク