採用試験の面接時に注意すべき点

スポンサーリンク




面接を成功させるために、しないほうがいいことは、

どんなことでしょう。面接の場ではやらないほうがいいことは、

数え上げるとたくさんあります。髪に触る、足を組む、

腕組みをする、貧乏ゆすりをするといった行為はしないようにしましょう。

相手にマイナスのイメージを与える動きは、

できるだけ控えるようにしましょう。緊張したり、そわそわすると、

意識しないままにこれらの動作をしてしまう人もいますので、気をつけましょう。

面接の時は、相手への敬意を持って話すことが大事ですので、

足を組んだり、腕を組んだりといった姿勢はとらないようにしましょう。

採用担当者の気を悪くさせないような言動や、動作をすることが、

面接の時には重要になります。敬語は、面接の時には

特に注目されることの一つとなります。その場に合った

敬語が思い浮かばないままに話していると、うっかりため口になってしまい、

面接をふいにしてしまうという人もいます。その反対に、敬語を重ねすぎて、

聞きづらい言葉づかいになることもあります。敬語が過ぎる言葉遣いも、

場合によっては慇懃無礼に感じられるものです。

日常的に敬語を使う場面をつくって、

敬語混じりの話し方をとちったりしないように気をつけることか、

面接対策になります。つい、日頃と同じ話し方で採用面接時に

発言してしまったという事態にならないようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 採用試験の面接時に注意すべき点
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

スポンサーリンク