年齢による転職活動について

スポンサーリンク




自分の年齢に合わせた転職活動をすることが、成功の秘訣になります。

以前は、35歳転職限界説という用語が存在しました。

今では職を変えることは珍しくなくなり、

35歳を過ぎての転職を成功させる人も大勢います。

とはいえ、30歳になってからの転職は、2

0歳の頃と同様な転職活動をすることはできません。





35歳以上の求人数は多くありません。社内で空席ができても、

社内の人間でポストは埋まってしまうためです。

自分の年齢が就職市場のどんな位置にあるかを自覚することが、

転職活動の鍵を握ります。20歳代の転職活動では、自分のやりたいことや、

自分の能力を履歴書に書き込みます。しかし、30歳になってからは、

今まで何をしてきたか、どんな実績を上げてきたかが自己PR材料になります。

経営者目線で会社のことを考えることができる人材であることが、

30代になってからの転職活動では武器になるのです。30代に入ってからは

転職をすることも大変ですし、20代のうちには経験していないような

問題も起きるようになります。年齢を考えて落ち着ける場所が欲しいからと

転職した結果、激動の波にのまれることもあります。年齢のことも考えた上で、

転職に踏み切るべきかどうかを検討するようにしましょう。





このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 年齢による転職活動について
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

スポンサーリンク