募集方法による人材の集まり方について

スポンサーリンク




求人募集を出しているのに、期待したような人材が集まってこないという話を聞きます。

今は売り手市場なので、これまでのように求人募集を出したら

応募がたくさんあるというケースは少なくなってきています。求人倍率も跳ね上がり、

今まで出していなかった人材募集を行う企業自体がふえてきています。

求人を出しても、期待するような人材が来ないという時は、

応募のやり方を変えてみるといいでしょう。大抵の企業は、

求人を出す時には場所、勤務時間、休日日数、仕事の内容、

必要な資格や年齢について求人票に載せています。求人内容を変えずに、

人が来るまで求人票を漫然と出し続けるというやり方だけでは、

欲しい人材があっても集まることはない場合があります。

仕事を探している人が求人票に目を通す時には、一体どういった会社なのか、

詳しく知りたいと思う傾向があります。募集する時の求人内容には、

採用条件だけでなく、会社の雰囲気や入社後に期待していることが

分かるような内容にすることが大切です。職場についてのエピソードを

一言加えておくだけで、応募してくる人が想像の余地を得られます。

必要最小限のことしか書かれていない求人票の場合、仕事を始めてからどんな

雰囲気になるかが何も見えませんので、警戒して応募を見送ってしまう人もいます。

応募者を増やすためには、求人情報をできるだけ充実させ、

興味を持ってくれる人を増やすことです。応募者数が多ければ多いほど、

有力な人材を選びやすくなります。企業が欲しい人材がなかなか来ないと、

人を増やしたくても増やせない状況が続くことになりますので、

人材募集は効率的に行えるようにしたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 募集方法による人材の集まり方について
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

スポンサーリンク