就職のお礼状について      

スポンサーリンク




お礼状は、就職活動の結果によって出すものです。

 

採用通知書や、内定通知書を受け取った時などに出します。

 

内定を受け取ったら、その企業に向けてお礼状を送るというものです。

 

就職活動が一区切りした証といえます。採用してくれたことへの

 

ありがとうございますという言葉と、これから頑張りますという

 

意味合いの言葉をお礼状に盛り込みます。人によっては、

 

お礼状は出していない人もいます。

 

絶対のルールというものはありませんので、

 

お礼状を出すかどうかは自分で決めましょう。

 

最近は大学などの就職課や学生課などでも、

 

内定した会社に対してお礼状を出すように指導しているところが

 

多いようです。お礼状を出す人は、最近は増加しています。

 

一般的な行動という価値観も広まりつつありますので、

 

もしも内定が出たら、可能な限りお礼状を出しておくといいでしょう。

 

お礼状を出す際に重要なことは、内定通知をもらった直後ぐらいに、

 

即座に書き上げて、送ってしまうようにすることです。

 

期間が空きすぎると、心からのお礼の気持ちというニュアンスが

 

薄れてしまいますので、早くに書くようにしてください。

 

お礼状を書く時に、一緒に送付するべき書類があるならば、

 

速やかに書類の準備を済ませて、すぐに行動したほうが印象がよくなります。

 

相手に送るべき書類を整えるのにしばらく時間を要する時には、

 

お礼状だけを先に投函し、書類が揃ったらそれから送るようにします。

 

就職のお礼状は、相手の印象にも残るものであり、

 

人事担当者は入社後に会う可能性は高く、場合によっては

 

一緒に働く事になるかも知れません。就職が決まったら、

 

すぐにでもお礼状を出すといいでしょう。どれだけ遅くなっても、

 

一週間以内には出せるようにするべきです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 就職のお礼状について      
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

スポンサーリンク