就職のお礼状の内容

スポンサーリンク




オーソドックスな採用のお礼状では、

採用ありがとうございますというニュアンスで書くようにしましょう。

お礼の言葉の後には、働き始めたら何を目標にしていきたいかや、

どこを目指して生きたいかなどを書いていきます。

自分以外の人もお礼状を作成しているだろうことを念頭において、

シンプルな言葉でまとめることです。お礼の言葉を手紙に書く場合、

何を書くものなのか、全くわからないと困ってしまうこともあります。

なかなか書くことができない人は、最近は就職のお礼状も、

例文集などが載っていますので、ネットや、

就職情報誌などから抜粋することが出来ます。






自分の言葉でお礼を述べることがお礼状では重要なことですので、

例文を丸写しにすることは、できれば避けたいものです。

採用された業種や職種の内容を手紙にプラスしたり、

自分だったらこう書くという文章に例文を直してみるのもいい方法です。

例文の文章を一から十まで同じにすることは、おすすめでぎません。

担当者の人と話した内容や、面接でのやり取りを踏まえて、

他の人には書けないようなお礼状を書くのも、おすすめです。

誤った文字や表現を入れてしまった場合、修正液で消したり、

一画書き足して正しい文字にしてしまおうとせず、きちんと書き直してください。

特に気をつけたいのが、就職のお礼状を出す担当者の方の名前や部署です。

名前のミスは、相手に対してとても失礼な行為になってしまいますので、

十分にチェックして、間違わないようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 就職のお礼状の内容
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

スポンサーリンク