就職のお礼状の必要性

スポンサーリンク




この頃は、内定が出るとお礼状を書くことが普通になっていますが、

お礼状を書くことは、そもそも必要ないことだという

考えを持っている人がいます。絶対にお礼状を書かなければいけないという

決め事が存在しているわけではないので、最終的な判断は個々人の考えに委ねられます。

面接や、就職一般に関するマナー本では、お礼状を書くことは、

就職活動をする時にはすべきことだと書いてあったりします。

内定が出たらお礼状を書くべきだと主張している書籍の場合、

会社側が抱く印象が、できるだけ好ましいものにしておきたいという価値観です。

実際のところ、面接のお礼状が採否の結果に影響するということは、

あまり聞いたことが無いのも事実です。ごく小さな会社でない限りは、

お礼状のような挨拶程度の書類は、採用担当者の手元に

届くかどうかもはっきりしてはいないでしょう。そもそも、面接を突破して、

採用になることは確定していますので、ここでお礼状を出したからといって、

自分に有利な状況になるということは考えられません。

お礼状を書いても、事務職の人の手に渡って終わりであり、

お礼の心を伝えたいような、肝心な相手には届かない可能性も高いわけです。

人によっては、お礼状は書く必要はないのだという考え方になるのも、

頷けるでしょう。相手からの評価を期待してのものではなく、

内定をもらえたことに対するお礼状は出すものだという

価値観もあります。他の人が出しているのか、

出していないのかも気になるところですが、最終的には自分で判断するしか方法はありません。

どうしても出さなければいけないという決め事があるわけではありません。

お礼状を出すべきかどうかは、自分の価値観に基づいて決めるといいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 就職のお礼状の必要性
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

スポンサーリンク