ニートの就職と現実

スポンサーリンク




どんなことがネックになって、ニートの就職は困難なのでしょうか。

ニートの人が働きづらいのは、人と交じっての仕事が困難な人が多いことや、

仕事の探しにくさが考えられます。ただし、

比較的就職が容易なニートの人と、

就職が非常に難しいと言われるニートの人とがいるようです。

ニートでいたくはないけれども、つきたい仕事になかなか採用されない人や、

教育を受けるためのお金が不足しているという人もいるようです。

外に出る事に対してあまり問題がなく、

他の人一緒に働くという面でも問題が無い場合には、

どちらかというと就職しやすい人になります。ですが、

パニック症候群やうつなどの精神的な問題を抱えているような人は、

仕事先も選ばざるをえませんし、長く続く職場は探しづらいものです。

個人差はありますが、就職をするための就職セミナーや、

採用試験への参加自体が難しいことがありますので、

その時は難しい事態となります。仕事がしたくても、

人と話すことが精神的な抑圧要因になったり、

うつの悪化を引き起こすような人は、就職できたとしても長くは続きません。

家の外に出ること、人と会話をすることから、体を慣らしていくことです。

家の外に出られるようになり、人と話せるようにならなければ、

就職をすることは難しいかもしれません。ニートの人で就職を考えるならば、

まずは自分の状態をよく把握して、どの程度なら自分ができるのかを考えて、

それから仕事を選ぶ事が必要です。

何もかも自分でやらなければいけないというものではありませんので、

ニートの就職支援サービスなども使ってみるといいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ニートの就職と現実
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

スポンサーリンク