中小企業の融資について

スポンサーリンク




どのような点に気をつけて、中小企業は融資を受けるものでしょうか。

規模の小さい、あるいは中くらいの会社が中小企業です。

どこからどこまでが中小企業なのかは、中小企業基本法で決まっています。とはいえ、

何をもって中小企業というかはケースバイケースであり、

法律で定められているものが全てに適用されるとは限りません。

国内の企業はほとんどが中小企業で、全会社数に占める割合は9割を越えます。

中小企業は、幾つかの点で大企業と異なる性質があります。融資の方法が、

代表的なものです。大企業と、中小企業は、運転資金の集め方からして違っています。

株や社債を発行することで、運転資金を得ているのが大会社の基本的なスタイルです。

一方、中小企業は、株式や社債を発行して資金を調達するという方法は不可能です。






大抵の中小企業は、銀行に融資の申し込みをして、運転に必要な資金をつくっています。

売上げが上がれば、融資の返済を問題なくすることができます。

銀行から融資が受けられれば、中小企業としてはつつがなく事業を継続できます。

しかし実際は、金融機関から融資を受けることも困難な中小企業が少なくありません。

景気の低迷が続く昨今では、融資をしても資金が回収できないままに終わることを恐れ、

銀行が融資を断ることがあります。銀行から融資が売れられるかは、

中小企業にとって社運をかけた重要な命題にもなっています。





このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 中小企業の融資について
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

スポンサーリンク