人材派遣会社が新たな就業先を紹介する仕組み

スポンサーリンク




非正規雇用でありながらアルバイトよりは

待遇が良いとされる派遣社員としての仕事には多くの人が従事しています。

派遣社員としての働き方をする人は年々増加傾向にありますが、

どうすれば働けるようになるのでしょうか。

各地に人材派遣会社がありますので、そこで登録をして、

職務経験や、希望の仕事を申告します。

住所、氏名、職歴、資格や保有スキル、

どんなことが得意かなど、詳細な部分にわたって登録します。

パソコン操作や、CADスキル、簿記の資格など、自分ができることを登録時に申請します。

人材派遣会社によっては、給与待遇や、出勤日数、勤務地など、

色々な希望を尋ねられます。その人の性格や適性等を見極めるため

簡単な検査が行われる場合もあります。派遣会社は登録された情報を元にして、

条件に合う就業先を探してくれます。公開されている情報の中から、

行きたい企業の希望を出すというところもあります。何人かの候補者が出た場合、

より企業側の希望に近い人材や、技術を持っている人を紹介しているようです。

企業側の要請を受けて、人材派遣会社は、条件を満たした人物を紹介するという流れです。

今の派遣の仕事が終わったらどうするかは、

派遣社員として働ける期間が限られている以上、よく考えたいことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 人材派遣会社が新たな就業先を紹介する仕組み
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

スポンサーリンク