就職活動にはノウハウの習得が必要

スポンサーリンク




就職活動とは、最近では就活と略して呼ばれることが多いようですが、

読んで字のごとく職業に就くために活動することを言います。

就職活動を行う人は学生または失業者であり、職業に就いたまま行うものに関しては

転職活動と呼ばれています。転職活動は就職活動とは

別のものとして扱かわれていることが多いようです。

大学生や、短大生が在学中に就職活動をしている状態を新卒といい、

卒業してから就職活動をしている人を既卒と言い習わします。





数十年前の日本の企業は、終身雇用制と年功序列制度で成り立っていました。

現在では、転職する人も増えており、一つの会社に

長く勤める人だけではなくなっています。短期間で仕事を転々とする人が増える中で、

新卒で採用された人が、3年以内に次の転職先を求めて活動している状態のことを

第二新卒といいます。就職試験においては、多くの場合は筆記や面接などが

設定されておりそれらに合格しなければ内定をもらうことは出来ません。

企業によっては、複数回の面接を重ねることもあるようで、

内定を手にするまでにはいくつもの関門をクリアしなければならないようになっています。

これらの関門を超えるために役立つ受験対策や面接対策などのノウハウが生まれたり、

多くの講座が開かれるようになっています。企業側も、求める人材を見つけ出すために、

工夫をこらした採用試験の内容を考案したり、

独特な面接スタイルを編み出したりと様々なことをしています。

希望の職種に採用されるためには、どういった取り組みが有効なのか、

就職支援会社などは研究を続けています。どんなやり方が就職活動を成功に導くのか、

成功者の話や、就職活動の講座などを参考にして、方策を確立させるといいでしょう。





このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 就職活動にはノウハウの習得が必要
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

スポンサーリンク